神戸市西区の予防歯科|永井歯科医院
HOME>歯周病

歯周病

歯周病

歯周病

歯周病は歯の病気ではなく、歯の周りが炎症を起こす症状なので、歯が無事でも歯を支える土台部分が弱くなると歯が抜けてしまう可能性が高まります。
住宅で言えば、基礎がもろく耐震強度が無い住宅と一緒です。

歯周病は歯肉炎、歯周炎に分類されます。
歯周炎は歯の基礎部分である歯槽骨などが侵されていきます。歯肉炎は歯肉つまり歯茎の部分が炎症を起こしている症状です。歯を支えている場所から膿が出ているものを歯槽膿漏と呼びます。

年をとると歯が抜けるのはしょうがないと思っていませんか?

年をとっても自分の歯で健康な方はたくさんいらっしゃいます。

歯が抜けるのは年齢ではなく、原因があるからです。

その原因の一つに歯周病があります。歯を失う原因の半分近くが歯周病と言われています。歯を失う原因が歯周病であれば、歯周病の予防・治療をする事によって自分の歯を健康に保つことができるのです。

若いから歯周病は関係無いって思ってませんか?

歯周病は中高年の病気ではなくて、20代の方にも増えています。

痛みを伴うことが少ないため、自分の知らない間に病気が進行していることが少なくありません。
一度、進行して失った歯茎を取り戻すことはほとんど不可能です。

重要なのは、歯周病にならない、なっても早期に治療して予防することです。

全身疾患との関係

みなさんにはあまり知られておりませんが、歯周病に関与する全身疾患は意外と多く存在します。
以下に挙げる疾患は歯周病との因果関係が明確に確認されております。

  • 糖尿病
  • 肺炎
  • 虚血性心疾患
  • 低体重児出産
  • 早産